型想い三年

一期一会を大切に

YAPC::Asia Tokyo 2015 に行った #yapcasia

8月21日、22日にYAPC::Asia Tokyo 2015があったので参加した。

yapcasia.org

僕は2012年から参加していたから、これで4回目になる。どうやら最後のYAPCのようなので本当に行けてよかった。

miyagawaさんがYAPCは同窓会みたいなこと言っていて、確かにそうだなあと感じている。

僕には普段会う機会がなくて年に一度のYAPCでしか会わないという知人がかなりいる。懇親会でそうした人に会うのもYAPCの楽しみの一つだった。

YAPCあるあるで「トークを見るのは素人」という話があった。YAPCは毎回トークのクオリティの高さに驚かされるけど、そこに参加している聴衆たちもみんなすごいので、めちゃくちゃいい刺激を受けることができる。どのトラックも興味のない話だったら無理せず外に出てみるとばったり会った人に面白い話とかできてよい。

でもこれって僕が学生チケットで参加していてチケットが無料だからできる業で、参加費をちゃんと払っている人からしたら全部のトークを聴かないといけないみたいなところがあるのかもしれない。僕は確か1回だけTシャツ欲しさに学生チケットではなく通常のチケットを買ったことがあった。そのときもわいわいしていて本当によかったと思っていて、YAPCはお金がかかるとかそういう感じじゃない。エンジニアの祭典だったのだ。

YAPCPerlの祭典だけど、Perl以外のトークもたくさんあるし、Perlじゃない話のほうが多いからエンジニアのお祭りみたいな感じだった。僕も普段は一切Perl書かないし、Perlは大昔に配布されていたCGIを改造する程度にしか触ったことがない。Perlの文化はすごい。Perlは最高の言語だから、ここまでの大規模なカンファレンスになってしまい、人間の手に負えなくなるほどになってしまった。Perl最高!

こういうカンファレンスがいったん終わってしまうのは悲しいけれど、YAPCで出会った人とはこれからも交流を続けることができる。我々はインターネットに生きているではないか!YAPCがなくなったことで、エンジニアはワイワイできる場所を求めてさまよい続けるのだから、この手のカンファレンスはまた自然発生することだろう。

最後に id:hitode909 さん、ベストトークおめでとうございます!!!

卒業

17日に卒業式があって、高校を卒業することになった。

2年生で転入してきたからまわりのみんなより1年少ない2年間しか過ごせなかったけど、それでも3年間過ごしてきた人たちの10倍くらいは楽しんだと思う。常に行き急いでて、いつも廊下を走っていた。

楽しいことも悲しいこともたくさんあったけど、この学校を卒業できてよかったと心の底から思う。

18歳

18歳になった。
17歳のうちにできたこと、できていないことがたくさんあった。
明後日17日に卒業だからこの2日間で悔いのないように高校を卒業したい!!! 残りの2日間まで学校を楽しむぞ!!!!11

プレゼントはこちら

Amazon.co.jp

2014年とは

過去

2012年とは - 型想い三年
2013年とは - 型想い三年

今年もいろんなことがあった。

できごと

引っ越し

新しい生活 - 型想い三年

引っ越しという作業は面倒だからあまりしたくなかった。荷物を運ぶのが面倒で、業者に頼まず全部自分たちでやった。引っ越しは自分でやるものではない。前の家の部屋にあった勉強机はまだ居間に置いたままだったりする。かなり古い家だけどインターネット環境ができたら家はどうでもいいことが判明した。冬は家中が隙間だらけで外から風が入ってきたりして寒い。

ホワイトデー

手作りのクッキーを渡した。友達氏がとっても喜んでくれた。

進級

毎日学校行ってたらとにかく楽しくてしょうがない。いろいろ理由があるけど、100個理由があったとしたら95個くらい秘密にしておこうかな。もうすぐ卒業だけど、それまでにできることを残さず全部やりたい。

クッキーを食べた

お返しでもらったことはあったけど、友達氏から物をもらうのは初めてだからすごい嬉しかった、クッキー食べておいしいと言ったけどすごい苦くて罰ゲーム用だったっぽい、追加でもっともらって食べた。

夏休み

文化祭の準備をずっとやってた。夏休み中に学校に行けるのは本当に楽しくて、長い休みにもかかわらず友達に何度も会えたの最高によかった。

文化祭

僕の通っている学校ではクラスで文化祭をやるのは1・2年生のみで3年生は部活でやるか有志団体という形でやるかしないと展示をやることになる。それでは最後の文化祭としてはちょっと物足りなさを感じたから、展示をやるくらいだったら何かやりたいなと思っていた。文化祭をやりたがっていた数人で映画を撮影して公開することになった。夏休み中も夏休み後も、文化祭は9月末だったけどそれまでずっと撮影をしていた。友達といる時間が一番長くて、今年で一番楽しかった時間かもしれない。文化祭をきっかけにすごい仲良くなった気がする。

修学旅行

定時制の高校では本来4年で卒業する。そのため、一般的な全日制の高校では2年で行く修学旅行が3年でやることになっている。3年で卒業する人にとっては最後のいい思い出になると思う。友達といい思い出ができた…!

大学不合格

発表 - 型想い三年

夏休み中に準備できたけど文化祭が最高すぎてあんまり準備しなかったらだめだった。書類は通ったものの、面接が修学旅行の2日後にあって、もっとまじめにやっておけばよかったな、受験は遊びじゃないなと感じた。

ハロウィン

チョコもらった!!1うれしい

体育祭

もともとリレーを2本走る予定だったはずが、体育祭のある日は午後から雨の予報で始まる前から午前中で終わると決まってしまった。クラス対抗のやつしか走れなかったけど、みんな見てくれたかな。

大学合格

合格 - 型想い三年

前回より全然準備してなかったけどなんかよかったみたいだ。他に行きたい大学本当になくて、合格したあとで他の大学生の話聞いててちょっとうーんって気持ちになったけど、まあ行きたいところ合格したのでよかった。めでたいぞ。

友達の誕生日

祝った!!!めでたい!!!!!!!もっといいプレゼント渡したかったけど、何渡したらいいかわからなくて、普通の友達と同じようなものをあげてしまった。。。ちっとも特別感が無かった…。誕生日とかクリスマスとかじゃないとプレゼントあげる機会ないし、急にあげたら怪しまれるからタイミングが重要。渡したくなった時に渡したい。

クリスマスパーティー

翌日から冬休みという12月25日に学校でパーティをした。男は僕ひとりだけだったけどなんとかなった。楽しかった。

年賀状

今年は年賀状出すタイミングがなくて、自分からは年内に出せなかった。1月以降来た人には返そうと思ってる。一番送りたかった友達の住所聞けなくて昨年出してくれた人も出してくれなかった人も新住所を知らないと思うので知りたい人には教えます!!

どきどき

昨年は「来年こそは…」と言ってたけど今年もあとわずか。できないよりはできたことが少しでもあったほうがいいけど、一番大切なことができていない。卒業も近いことだしとにかく猶予がない。

来年やること

入学成功する

自主課題とか出されたけど何も考えてない、やばい。学費の振込が成功するかわからないけど必ず入学成功させるぞ!!!

友達関係

発展する

友達のままでいいわけがない…一年間ずっと好きなんだから告白するぞ!!!好きな理由100個ぐらい正座してちゃんと言える。

高校卒業

最高の卒業生になるぞ!!!皆勤賞を達成するために、普通の高校だったら授業のない2月の授業も出席するしかない。人より多めに高校生活を惜しみなく楽しめる感じがして、とてもよい。

まとめ

昨年書いたまとめを読んだけど、あまりできてることがない。でも、過去に失敗した経験とかから確実に活かせていると感じる一年になった。それぞれについて質問がある人は寿司を奢れば話します。

よいお年を!!

合格

体験記

合格がわかったのは12月8日で忘れないうちに書いておく体験記。1回目より全然準備しなかったけど、合格することができた。一度体験したことだから楽に受けることができたからかもしれない。

準備不足

面接の日の前日深夜にやっと受験票印刷しようと思ったけど、プリンタに用紙がなかった。いったん寝たあと、朝早めに起きてコンビニでプリントした。電車に乗ったあとに気づいたけど面接で質問されたときなんて回答するかめっちゃ書いた紙を印刷し忘れて、電車の中でどうやってスマートフォンからEvernoteのノートをコンビニのプリントサービスで印刷するかをググってた。Evernoteをメールにエクスポートし、セブン-イレブンネットプリントに登録したメールアドレスから upload@m.netp.jp に送ると印刷するときの予約番号が発行されるという知見を得た。駅に着いたあと駅から少し離れたところにしかないセブン-イレブンで印刷した。
参考: ネットプリント iOS FAQ

作文

例により、今回も10分間で100字の作文が課せられた。「樹木」について思うことを書くというものだった。うろ覚えではあるがこんなことを書いた気がする

樹木とは、長い間地球上で人間と共生してきた友である。日本の神道では、「八百万の神」という考えがある。私は、昔から神である木で家を建ててきたことに、深く考えさせられた。人間は自然に頼るしかないのである。(100字)

面接

一番記憶に残っているのは「プログラミング以外で趣味にしていることはありますか」と聞かれたこと。今までに見せたことのないようなとびきりの笑顔で「学校に行くことです」とはっきりと答えた。学校が好きで、友人と話すのがとても楽しいと伝えると、「異性の友達も多いのですか」と質問され、「異性に話しかけるのにも緊張する人としない人がいます」と言ったらすごいウケた。

今後の高校生活

学校に行ける日ももう残りわずかだけど、大きな目標がひとつになったからそのことについて取り組んでいくとしか言えない感じ。今年中はだめそうだ!!!!!

続きを読む

続きを聞きたければご飯でもいきましょう。

ほしい物リスト

めでたいのでクリスマスプレゼントを送りましょう。リストにないものも大歓迎です。

お急ぎ便なら、直前のご注文でも12月24日までにお届け
お急ぎ便でなくてもいいです

発表

2次選考で記憶に残っているのは、小論文を書いているときだ。

「雨音」について思うことを自由な発想で100字以内で書くという問題で、時間は10分。

私は雨が好きではない。気分が落ち込むからだ。力強い雨音は、台風がやってきたのかもしれない。気象警報が出ると、学校は休みになってしまう。私は学校が好きだ。毎朝学校で、「おはよう」と言えることが楽しみだ。

おはようという言葉が好きすぎて、いろんな人におはようって言うし、ひとりのときだっておはようって言いたくなって枕に顔をうずめておはようって言っちゃうし、好きな言葉とかそういうテーマで問題出たら絶対書きたいと思ってた。だからおはようという文言を書けてとってもよかった。

面接では、あまり技術的な質問が来なかった。学校の話とか、どうして2年から今の学校に転学したのですかだとか、将来のスマートフォンってどうなると思いますかとか、そんな質問もあった。インターネットの情報だと、圧迫面接だとか言われてて、自分の面接は全然そんなことなくて、インターネットの情報ってあてにならないなと思った。あまりよくなかったと思うのは、入学後に自分はこうしたいというビジョンをはっきり伝えることができなくて、今考えてみればそれが選考に大きく影響したのではないかと思ってる。みんな熱意のある人たちばかりだから、自分もそれに負けないくらい入ってからやりたいことがあったけど、言葉不足だったりして、ここしかないという思いを伝えきれなかった。あんなに意表をつく質問をされる場面はそうそうないから、あの時の30分程度の時間は人生で貴重な経験になるんじゃないかと思う。

結果は不合格だった。不合格というそこそこ大きい文字の下には "今後ともそれぞれの目標に向かって更に一層の研鑚を重ね、日々精励されるよう期待します。" と書いてあった。Webサイトにログインして結果が出るようになっているから、1次選考で合格が出るときもあまりうれしさとかなくて、それゆえ今日合否通知を見ても特に悲しいとかは思えなかった。7月から準備してきて、ようやく結果がわかったから安心した。

大学、いっぱいありすぎて迷うし、入って後悔するようだと4年間楽しくないし自分のためにもならないから、よく考えて決めないといけない。受験した大学は良い意味で大学っぽくないから、そこに通っている自分の姿を想像するとうまくやっていけそうと思って出願した。多額の借金を負ってまで行きたいと思えるのはそこだけで、他の大学のオープンキャンパスに行っても魅力は伝わってこなかった。

ふと振り返ってみると、9月末にあった文化祭のために9月中はほぼ文化祭の準備で朝の7時半から夜の9時まで学校にいたし、面接のあった日の一昨日まで3日間修学旅行に行ってたりもした。ここ最近いろいろありすぎて、学校も楽しんで面接も楽しんだ。ここ2週間は濃密な日々を過ごした。後悔したという思いはない。

人生でここまで緊張する時間はそうそうないし、これから何があってもうまくやっていけそうな気がする。次に不合格をもらうときには、勇気を出して自分の気持ちを直接言って、その人の言葉で不合格を言い渡されてみたいかな。そしたら初めて悲しいと感じるかもしれない。けれども、それはきっと受験に合格するよりもずっと嬉しいはずだ。まずは声をかけてみることから始めないと。