型想い三年

一期一会を大切に

2013年とは

昨年(2012年)はこんな様子
2012年とは - 型想い三年

昨年同様たくさんのできごとがあった年になった。

できごと

高校を転学した

昨年は学校行く日が少ないから出会いがないとか言ってた気がする。通信制では学校の授業にも限界があって、なによりも学校生活を通じてクラスメイトと話したりするのがあこがれだった。

私立の通信制から公立の高校に転学するにもいろいろ方法があるものの、習得単位などを考えると選択肢から普通の全日制を外す必要があって、単位制の定時制高校に転学する道を選んだ。

その時点で4校程度に絞られるのだけど、学校までの距離とかを考えると、2校くらいになった。一つ目の学校は高校受験で受けた学校で、落ちちゃったところ。進学指導に力を入れていて、割と進学実績がよいのだけど、校風が自由すぎて、学校行事も任意参加だったり、任意だから参加率が低かったりするらしい。二つ目の学校、つまり今僕が通うことになった学校だけど、勉強はさほどやらないし、授業内容からしてやらせてくれないようなものだけど、単位制ながら学校行事を重視していて、学校に来る意義というものを提供してくれる。

最初に挙げた学校は転学に際して受ける人のレベルが高くて、落ちる可能性もあった。とても心配だった。ちょうどいま通っている学校が1月を過ぎても学校説明会があったから、中学生に混じって学校説明会に行ったりしてみた。そこで、この学校がどれだけ学校行事を重視しているかとか、学校の雰囲気をよく知ることができた。賭けにでて、失敗して後悔するのも嫌だから、少しでも受かりやすいほうを受けることにした。その結果、受かった。80人くらい受けて7人受かったのは、倍率でみると高いけれど、実際に受ける人を考えるとそんなに難しいものではなかったのかもしれない。こんな感じなら高校受験のとき自分が受けたところを受けてみればよかったかもしれないけど、やっぱり落ちてたかもしれないと考えると、今の学校にいれてよかったな、幸せだなと思える。

高校転学する決意はある人の言葉がなければ決められませんでした。ありがとうございます。前の学校にもお世話になりました。

夏休み

ひと夏の思い出。毎日が青春、みたいな感じではなかったけれど、それでも一年前の自分よりはたくさんのことを経験した。

文化祭

文化祭をやった話 - 型想い三年
反省点はいっぱいあるけど、準備したりするのが楽しかったかな。いまこうして好きになったのは文化祭よりあとだけど、準備しているときとか思い出すと、あああの人と話す事ができた、文化祭の準備について話さないといけないから口実があると話しやすくていいな、って思ったりしてる。

人を好きになる

いつの間にか人を好きになっていた。どきどきでいっぱい。あんまり昔のつらいこととか失敗したこととか、考えなくなったというのが自分にとって大きい。一歩また人を好きになることができたという実感と喜びを感じた。昨年経験したことは好きになったからには振られてぼろぼろになってもいいからこの気持ちを伝えてみたい。来年こそは…

体育祭

ちょっとでもいいところ見せようと思って、寒い日も練習してたら熱出て走り終わったら倒れて救護室に運ばれた。

年賀状

最近書いてなかったけど、7通くらい出した。普通の年賀状じゃつまらないだろうなと思って、一部の人は手書きで問題を作って送ってみた。解いてもらおうと思ったんだけど、ポストに投函してすぐ問題の不備に気づいて最悪の年賀状を出すことになった。急いで書くといいことないし、前もって12月半ばくらいから考えていればよかった。

来年やること

進学のための準備

進路、決まってもいない。まだ迷ってる。はやく決めないと後悔しちゃうけど、適当に決めたらそれはそれで後悔してしまうし、慎重になるあまり決められないでいる。どうしたらいいのかわからないけど、残された少ない時間の中で後悔しない自分の道を選んでいけたらいいな。。

好きな人

いまの関係を大切にしたい。気持ちを伝えたいという思いをなんとかおさえて、理性的にならなければ…

まとめ

今年あったできごと、あの時の経験、感じたこと、胸にしまっておこうと思う。あの時こうしていれば…と思うことも、いつか好きな人を休日なにかしら誘ってみたときに、経験が生かせればいいな。